生理前のイライラ対策005

生理前のイライラについて書いています

女性が生理前に案じるイライラは自分に優しくする


女性が生理前に案じるイライラは自分に優しくすることで解消しよう

生理前になあると、なぜか気持ちがイライラするようになったり、女性はとってもデリケートです。

心だけではなく、なんとなく体も調子が出なかったり、不安定さをかんいることもあります。

これはホルモンバランスが乱れているため、表面上に現れてくる症状です。

排卵の時期から生理前に起こりやすい症状で、PMSと呼ばれる症状です。

月経前症候群は、心をイライラさせたり、理由はわからないけれど不安になったrもします。

いつもとは違って、攻撃的になることもあるので、気持ちが穏やかとは言えない状態です。

心の面だけでも大変ですが、体に現れる症状としても楽ではありません。

やけに頭が痛くなったり、腰痛を感じたり、肩こりがひどくなったり、お腹が痛くなることもあります。

黄体ホルモン分泌が高まることで、気持ちがイライラしてくるのも、月経前症候群の特徴的な部分です。

月経前症候群が悪化してしまうのは、女性ホルモンが乱れてしまうことにあります。

症状が悪くなってしまう原因は、いくつも挙げられます。

ストレス社会と言われる現代ですが、そのストレスがホルモンバランスを乱れさせて、PMSの症状を悪化させることがあります。

また、体の冷えも、実は関係しているひとつです。

体を冷やすという行為は、自律神経を乱す要因となります。

この他にも、睡眠不足も、PMSに関係しています。

忙しさのあまり、あまり睡眠がとれないことで、体にも心にも影響があるということです。

普段から、タバコを吸っている人や、アルコールを過剰に摂取している人も、注意が必要です。

普段の食事では、塩分や糖質、脂肪をたくさん摂取している場合も、カフェインが過剰な人も、自律神経を乱すことになりますから、気をつける必要があります。

女性ホルモンのバランスを、自律神経がみ出しているというのが、PMSが引き起こる基本的な要因です。

心のイライラを無くすためにも、体調を良くしていくためにも、自律神経のバランスを良くしていくことが、とても重要なこととなっていきます。

こうした心と体の不調は、心がけ次第で解消していくことができます。

心と体が不調になると、自分自身を責めてしまうこともありますが、自分に優しくしてあげることが大切です。

女性はとてもがんばりやさんです。

生理前には、バランスの取れた食事をして、たっぷりと良質な睡眠をとって、体も心も癒してあげましょう。

お風呂にゆっくりと浸かって、体を温めるのも良い方法です。



生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、生理前 イライラ、

メニュー

メニュー

©2014 生理前のイライラ対策005 All rights reserved